健幸とは、身体を「表面的なカラダと内面的なココロ」で捉える「Health:健」と、人生を豊かに幸せであり続けたいと追求していく「Happiness:幸」を融合させた考えです。健幸コラムでは、健幸エンターテイメント株式会社の代表である守屋俊甫によって「健幸になるため考え方」「簡易的なエクササイズ方法」「健幸社会実現に向けた未来構想」などを記載いたします。月1回の定期配信を是非ともお楽しみください。

健幸コラム第十二話 【健幸を目指す生き方へ】

時間がない罠から出る「●●しながら」法

(ア) 0.6%と99.4%はどちらが大切?

「あぁ、時間がない。」あなたはこのような言葉を口癖にしていませんか?時間がないとは、何を表すのでしょうか?具体的に「何をする時間がない」ということでしょうか?きっと、多くの方々は理解しているはずなのです、"運動はやるべき" "マッサージやストレッチもした方がいい"ということを。でも、実際にはやっていない状況にある人が多いと感じます。私はパーソナルトレーニング(以下、PT)をおこなうときに、いつもお客様にお伝えすることがあります。

それは、「(週1回60分PTの場合)あなたと私が共に活動する時間は、1回60分です。これは、1日の約4%です。1週間で1回ペースですのでさらに7日間で割ると、約0.6%ですね。私と一緒にトレーニングする時間の約0.6%と、私と離れて過ごす普段の生活時間の約99.4%は、どちらが重要だと思いますか?」これを聴いたときに、100%で後者が重要であると答えてくれます。週1回60分のトレーニングで人は変わりません。言い方を変えると、その1回を来ていることに依存せず、残りの99%以上の時間を充実させて欲しいのです。

v012.jpg

「あぁ、時間がない」というのは、その人にとって優先順位の高いものから取り組もうとしているため、身体に関することをしようとしても、優先順位が低くて時間を割けないのだと思います。わずか、1%未満の時間だとしても、改めて新たな取り組みへの時間を作るというのはハードルの高いことです。だからこそ、「●●しながら」が重要となっていくのですね。

(イ) いつやるの?今でしょ!

ご存知の方も多いかと思いますが、「●●しながら」法は日常からおこなっている行為や行動に、ちょっとしたストレッチ法やエクササイズ法を掛け合わせることです。こういった「●●しながら」法は、世の中にいくつもあります。だからこそ、まずはこの引き出しを幾つか持ってもらうことが重要です。でも、それがどれくらいの効果が出るのか?について理解していないと、3日坊主になって辞めてしまうでしょう。

「時間がないなぁ」と言っていたら、まさにチャンスです!変わるのは今ですよ。一番、年齢としても若い、「今」から行動を変えていきましょう!

(ウ) かかりつけトレーナーをつけるという選択

「●●しながら」法の具体例には、歯磨きしながら片足立ちバランス、掃除機かけながらスクワット、床拭きながら体幹トレーニング、椅子に座りながら背中ストレッチなどあげればきりがないです。その場の環境や、置いてある物や、状況に合わせていかようにも工夫ができます。

しかし、実際に自分にとってどのストレッチやトレーニングが必要なのかについて把握できているのか、皆さんはご存知でしょうか?雑誌や、テレビでも紹介されて多くのエクササイズ法は出ていますが、欠けているのは、事前の身体評価です。自分の身体がどのように歪んでいて、左右どちらの筋肉が強くて弱いのか、あなたは自分の癖となっているカラダの特徴を知るべきなのです。車のように、一度車両を点検してから、メンテナンスをするのと同じで、どのパーツ(身体部位)に問題があるのかを把握していれば、問題への解決策は簡易的に導き出されるのです。

だからこそ、パーソナルトレーニングをおこなうメリットは、1週間1度の60分が約0.6%だとしても、今の自分の評価をしてもらえる時間であり、それは残りの99.4%に大きな価値を与え、「●●しながら」エクササイズの意味が深まるのです。自宅から行きやすい場所にあるフィットネスジムやパーソナルジムへ行って、かかりつけトレーナーを作ってみることをオススメします!

私たちD Style Tsukubaは、いつでもあなたの健康相談・カラダづくりへの質問をお待ちしております。お気軽にお問い合わせください。(D Style Tsukuba ホームページはこちらから

文責 健幸エンターテイメント(株) 代表取締役 守屋俊甫

健幸コラム 第十一話 【健幸を目指す生き方へ】

股関節を触れますか?

(ア) さて問題です!股関節を触ってください!

股関節ってどこにあるか知っていますか?私が開催する健幸エクササイズワークショップでは、いつも聞いている質問です。参加者の皆さんに実際に股関節だと思う身体の部分を触ってもらうのですが、9割以上の確率で皆さんは間違ってしまうのです。

では、あなたにも同じ質問をします。今、右手で右の股関節の場所を触ってもらってもよろしいでしょうか?さて、あなたはどこを触っていますか?正しい名称で書くとわかりづらい方もいるので、あえて言い方を変えてお伝えします。おそらくあなたも9割の人が触ってしまう、ビートたけしのギャグである「コマネチ」のところを触っていませんか?

実はこの部位は、鼠蹊部(そけいぶ)という部位です。この鼠蹊部を、股関節であると勘違いしている方が非常に多いのです。関節というのは、骨と骨が接続する部分であるため、股関節の場合は、解剖学的に言うと「大腿骨の骨頭部分」と「骨盤の寛骨臼」で構成されています。大腿骨の骨頭部分は球体をしており、寛骨臼はその球体を填め込むようなソケットのような形になっているのです。この股関節の正しい位置を知っているか、知らないかによって、身体操作は格段に変わってきます。

(イ) 立位体前屈での柔軟性チェック

一体、股関節とはどこのことを表すのでしょうか?私がワークショップでお伝えしている手順に則り、説明してみますので、ぜひ実際に触りながら、股関節の位置を把握してみてください。でも、その前に、股関節を知る前に、立位体前屈をおこなって、柔軟性のビフォーアフターのチェックをしてみます。

まずは、何も考えずに、両脚を揃えて、踵(かかと)と、つま先をピッタリくっつけて、直立します。そこから、両膝を曲げないように、床に手を伸ばして、体前屈をおこないます。床に手をつけますか?床上何センチくらいのところまで屈めますか?太腿の裏や、膝裏のつっぱり感はどれくらいありますか?この感覚がビフォーの状態ということを覚えていてください。厳密に計りたい方は、メジャーを用意して、床上何センチまで手を伸ばせたのか、手を床につけた方は、指だけなのか、手首までつけたのかなどを把握してみると、より正確な変化を感じることができるはずです。

(ウ) 股関節の位置を正しく認識してもらいます

さて、ビフォーが終わったら、次は、股関節の位置を正確に把握しましょう。ここからは、以下の手順で進みますので、両手をフリーに使えるような体制になってください。

それでは、説明します。
①まずは両手でお尻を触ります。
②具体的には、お尻の膨らみの部分より少し内側にある、顔の頰にできる"えくぼ"のように凹む部分を触ってください。
③そこから、太腿の前面へ向かって手を摩っていくと、身体の外側に向けて出っ張っている骨が触れます。
④両脚にほぼ同じ高さで、両側にあるこの骨を大転子と呼びます。
⑤この大転子を手のひら全体で触りながら、両脚で足踏みをしましょう。
⑥すると、大転子がゴリゴリと動くのを手で感じることができると思います。
⑦この大転子から、身体の内側およそ10cm深いところに、先ほどの寛骨臼があり、大腿骨の骨頭部分がくっ付いています。
⑧ズバリ、ここが股関節です。

v011.jpg

(エ) ガラケーのように折り曲げる全身

いかがだったでしょうか?股関節の位置は、ご理解できましたか?この股関節がうまく機能することで、先ほどビフォーでおこなった立位体前屈がどれくらい変化するのか試してみたいと思います。何度も言いますが、股関節とは、大転子から身体側へおよそ10cmのところにありますから、そこを意識してください。

そして、股関節から二つ折りの昔の携帯電話(いわゆるガラケー)のように、折り曲げてアフターの体前屈をしてみてください。さぁ、いかがでしょうか。ビフォーと比べて、より深くまで前屈ができていませんか?ただ、股関節の正しい位置を知るだけで、ストレッチなどの柔軟体操をしなくても、関節可動域は広がるため、体前屈が深くなります。あまり変化を感じない人も、おそらく腿の裏側にビフォーよりもピンと張った感覚があったかと思います。その変化だけでも、骨盤周りの可動性が上がっていることの表れなのです。

これは、ワークショップでおこなえば、9割以上の方が柔らかさを実感します。股関節だけに限らず、関節の機能を知る、正しい動きを知るということは、身体の負担をさげ、効率的な動作に繋がるということです。人体って、本当に面白いです。

私たちD Style Tsukubaは、いつでもあなたの健康相談・カラダづくりへの質問をお待ちしております。お気軽にお問い合わせください。(D Style Tsukuba ホームページはこちら

文責 健幸エンターテイメント(株) 代表取締役 守屋俊甫

健幸コラム第十話 【健幸を目指す生き方へ】

健康になるコツは、肩甲骨にあり

(ア) 五十肩ってどうして起きるのか?

健康になるコツは、肩甲骨にありだなんて、いきなりつまらない親父ギャグを言っていますが、身体のことについて語る時に肩甲骨を外してしまってはいけないくらい、大切な部位なのです。肩甲骨は身体の部位の中でも、歳を経た時に障害が起きやすく、多くの人にとって悩み多き部位でもあります。肩甲骨が関連する代表的な障害として、肩関節周囲炎(いわゆる五十肩のこと)があります。簡易的な説明になりますが、肩に炎症が起きる時のメカニズムの1つとして、肩関節を構成する上腕骨と肩甲骨の正常な動きが崩れてしまうことが原因となることがあります。

ここでいきなりの質問をしますが、あなたは自分の肩甲骨のみを動かすことができますか?ぜひ、試しに動かしてみてください。どの方向に、どれくらい動いたでしょうか?きっと肩甲骨を意識して動かすことを初めておこなった人もいるかと思います。それほど、骨を動かすという行動自体が、日常生活の中では意識する必要もないし、意識せずとも生きることはできるのです。そもそも骨の可動範囲は、どの人もほぼ同じに決まっています。そのため、ご自身と周りの人の動きを比較すると、自分の可動性が高いのか、低いのかを理解することもできますね。

さて、本題に話を戻しましょう。肩関節周囲炎になるのは、上腕骨と肩甲骨の肩甲上腕リズムという動きが悪くなり、回旋腱板という4つの肩のインナーマッスルが上腕骨の骨頭部と肩甲骨の末端部に挟まれて炎症が起きているのです。急性期には、三角巾などで安静をはかりながら、消炎鎮痛薬の内服や注射などが有効であり、急性期を過ぎてからは、ホットパックや入浴などの温熱療法、肩周りのストレッチやトレーニングを盛り込んだ運動療法などが有効です。余談ですが、実は全身の中でも、肩甲骨は特殊な骨です。肩甲骨の代表的な特徴は、鎖骨とのみ接合し、関節を作っています。つまりは、胸郭(肋骨)と肩甲骨は接合していないのであって、胸郭の上に浮いているように存在しているのが肩甲骨なのです。肩甲骨を自在に動かすことができることで、腕は挙がりやすくなります。腕には、胸側の筋肉、背中側の筋肉も繋がっているため、腕自体が動きやすくなれば、体幹部の前後面共に動きやすくなり、肩こりや腰痛予防にもなるのです。

v010.jpgのサムネイル画像

(イ) 四足歩行から二足歩行への進化

上記のように肩甲骨は、胸郭に接合せず胸郭の上をスライドするように動くのですが、これは私たちヒトが四足歩行から二足歩行に変化し、槍を投げるなどの投擲動作を身につける時に、肩甲骨があらゆる方向へ動けるように進化してきたのです。

しかし、現代社会の人の生活の中で、肩甲骨を動かさねばならないと危機意識を持っている人はいるでしょうか?パソコン操作や、車の運転、スマホの見過ぎによって、猫背となって、首回りの筋肉を使いすぎていないでしょうか?多くの人が経験している肩の痛みを解決するためには、やはり肩甲骨が鍵であり、その周囲の関連する筋群を鍛えていくことが必須です。だからこそ、人体の解剖学に詳しい治療家や、トレーナーなどに一度評価をしてもらうことで、客観的に自分の身体を知る機会を作ってみてください。

私たちD Style Tsukubaは、いつでもあなたの健康相談・カラダづくりへの質問をお待ちしております。お気軽にお問い合わせください。(D Style Tsukuba ホームページはこちら

文責 健幸エンターテイメント(株) 代表取締役 守屋俊甫

健幸コラム 第九話 【健幸を目指す生き方へ】

健康とは、「健体康心」という4字熟語

(ア) 健康の言葉の意味とは?

今回は、健康という言葉の意味について考えてみましょう。そもそも、健康とは四字熟語だったことを知っていましたか?「健体康心」と書いて、「けんたいこうしん」と読みます。すなわち、健康にはそもそも健やかなるカラダと康らかなるココロという意味が含まれているのです。だからこそ、「健康なカラダを作ろう」と言うのは、日本語の表現として適切ではないのかもしれません。

v009.jpgのサムネイル画像

また、健康は心身両面についてのこと以外の意味もあります。WHO「世界保健機関」が提唱している健康の定義は、「Health is a state of complete physical, mental and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity. 健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあることをいいます。(日本WHO協会訳)」とされています。社会的な健康という側面も含まれています。

例えば、社会というのは人と人が集う場を指しますから、社会的な健康とは、人間関係が良好かどうかという意味で捉えます。また、生活している場所が紛争地域となっており、日常的に命の危険があるなど、生きていること自体に危機が迫っている場合も社会的な健康が確保されていると言えないでしょう。

(イ) カラダとココロは表裏一体である

カラダとココロは、本当に表裏一体です。これは私が、2019年までの約8年間のパーソナルトレーナー生活で経験したことや、あらゆる治療家と出会ったことで感じてきました。カラダが不調な時に、ココロが元氣であるという状態を作ることはかなり至難の技です。これはきっと誰しもが経験したことがあるでしょう。逆も然りで、ココロが不調な時には、カラダの元氣も衰えるわけです。

私が28歳の時、親族の一人が心の病に罹りました。原因は、仕事と人間関係において大きな精神的苦痛を受けてしまったのです。精神が崩れてしまった親族の姿は、エネルギーが全て吸い取られたかのごとく、カラダもボロボロしていました。今では、元氣な姿を取り戻しているものの、ここまで来るのには、食事療法や、運動療法などを経て、約2年以上もの歳月を有していました。

私は、初めて"人の心"を間近で感じ、人は弱い生き物であることを痛感しました。頭では知っていても、実際に直面しないと理解できないことがたくさんあった訳です。スポーツ・体育を専門として勉強し、運動をメインに提供してきた私にとって、カラダだけのケアでは、人の命は守れないと確信した出来事でした。

では、一体どのようにカラダもココロもどちらも元氣にできるのか?私なりに見出した答えがありますが、それは次回以降の連載にてお待ちください。私たちD Style Tsukubaは、いつでもあなたの健康相談・カラダづくりへの質問をお待ちしております。お気軽にお問い合わせください。(D Style Tsukuba ホームページはこちら

文責 健幸エンターテイメント(株) 代表取締役 守屋俊甫

健幸コラム 第八話 【健幸を目指す生き方へ】

昔の人は知っていた!

日本語の偉大さ!カラダの部位を含んだ慣用句がスゴイ

月を編に持つ漢字が、身体の部位に多く使われています。この編を「にくづき」と言います。思いつく限りの漢字を列挙してみると、

  1. 表面:腰、胸、腕、肚、腹、脚、臀、肩など
  2. 内臓:腸、肛門、膵臓、肝臓、嚢胃など

これらの言葉は一般的なので、皆さんもお聞きになったことがあるかと思います。私がいつも感動することは、これらの漢字を用いた慣用句が、その身体部位の大切さをまさに表しているのです。例えば、"腰"(こし)は、身体の中心部分にあり、どのような動作をするにも不可欠な身体部位です。四肢がなくても人は生きていけますが、腰が無くて生きている人はいません。まさに、「要(かなめ)」なのです。人が気合いを入れて何かに取り組もうとするとき、「本腰を入れる」と言ったりしますし、敵対した相手にひるんだとき、「弱腰になる」と言ったりします。

"腰"の反対側の"腹"(はら)も同様で、何かを決意したり心を決めた時に、「腹を据えて」と言ったり、納得した時などに「腹に落ちる」と言ったり、決心、納得など、心の状態が定まった場合に活用されるのが"腹"なのです。他にも、肝心要(かんじんかなめ)というときは、肝臓・心臓・腰と言った重要な部位を集めた言葉で構成されています(肝腎要:腎臓を使うときもある)。身体の部位を用いた言葉は、身体の大切な役割と連動していることに気づきます。昔の人たちは、こう言った言葉を作ったということは、自分たちの身体のことを十二分に理解していたのだなと思うわけです。とにかくあっぱれです。(次号に続く)

日本国技である相撲こそ最強の格闘技!

v008.jpgのサムネイル画像

私は、大学生時代にアメリカンフットボール部に所属していました。ヘルメットやショルダーと呼ばれる防具を身につけ、オフェンスとディフェンスが激しくぶつかりあい、試合は展開されます。だからこそ、怪我の発生が非常に多く、私自身も頚椎を痛めたことがありました。まさに、ボールを用いた格闘技ですね。

大学でアメリカンフットボールを経験した私は、小さい頃から見ていた日本の国技である相撲への関心が変わりました。一言で言うと、「相撲こそ、最強の格闘技」であると思ったのです。わずか直径4.55メートルの土俵の上で力士らはぶつかり合う。身につけているのはたったのまわしだけ。生身の肉体と肉体が、衝突する際の力は、約2トンとも言われています。その激しい衝撃を受け止める力士たちは、必ず四股踏みをするのです。

日本では1500年以上も前から相撲がおこなわれており、古い資料の絵にも、四股踏みをする姿が描かれています。本コラムをお読みの方で、日々の生活で相撲をとる方はおそらくいらっしゃらないと思いますが、是非とも四股踏みはして欲しいのです。四股踏みをすることで、大腿四頭筋、腸腰筋や大臀筋、中臀筋、内転筋、股関節周囲の深層外旋六筋など、骨盤周囲の筋肉が発達するため、強靭な身体を築き上げることができます。座り仕事が多く、移動も多い現代人こそ、四股踏みをおこなうエクササイズで足腰を強くして欲しいです。ネット上には四股踏み関連のエクササイズを発信している方も多くいますので、是非ご検索を!

私たちD Style Tsukubaは、いつでもあなたの健康相談・カラダづくりへの質問をお待ちしております。お気軽にお問い合わせください。(D Style Tsukuba ホームページはこちら

文責 健幸エンターテイメント(株) 代表取締役 守屋俊甫